アイルランド滞在記2020-2021

コロナ禍のアイルランド・リムリック(Limerick)での大学院留学生活を紹介します。食べることとお得情報が大好き。

海外でアルフォート(?)を発見〜人はなぜチョコレートに船の絵を描くのか〜

 

レジの行列に並んでいる時に€0.75という値札を見て思わずカートに入れてしまったチョコレート菓子。

 

0.99ユーロ以下の商品に異常なほど魅力を感じてしまうこの心をそろそろなんとかしたいです。

 

このお菓子、帰ってよく見たらアルフォートにそっくりだったので紹介しようと思います。

f:id:pochi_ie:20210306052632j:plain

ダークチョコを購入しましたが、ミルクチョコレートも売っていました。

 

f:id:pochi_ie:20210306052636j:plain

見れば見るほどアルフォートです。

 

f:id:pochi_ie:20210306052641j:plain

ブルボンのHPでアルフォートの原材料を確認すると小麦粉が砂糖より先に書かれていましたので、ダークチョコなのに砂糖が最初に来ているあたりが少々不安です。

 

食べてみると、アルフォートよりもビスケット部分がやや薄く、サクサクと軽い印象でした。

 

またさすがチョコレート消費の多いヨーロッパ、チョコレートは裏切らない美味しさでした。

 

苦味に負けず甘さもかなりあるように思いました。

 

そして大きさはアルフォートより明らかに大きく、測ってみると約6×4.7cmありました。

 

9枚入りでした。

f:id:pochi_ie:20210306052645j:plain

船の柄はパッケージの絵の他にも2種類ありました。

 

しかしなぜこんなにも似ているのでしょう?アルフォートは1994年に発売開始されたようなので、もしかしたらアルフォートが影響を与えたのか、または全くの偶然なのか、謎は深まるばかりです。

 

なんでもない商品でもこうしてじっくり観察するとなんだか心が穏やかになりました😌

 

しかし家族の目がないとついお菓子を食べすぎてしまうので、気をつけようと思います...!